<学校じゃ教えてくれない英会話>英語で寿司ネタを説明する時のコツ

英語

来日した外国人を和食でおもてなしする時に、お寿司屋さんは定番ですよね。

私も海外から同僚が来日した時や、アメリカの家族が日本に来る時はお寿司屋さんに連れて行くことが多いです。

お寿司は日本の代表的な料理の一つなので、きちんと説明できるよう注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

魚を正式な英名で説明してもわかってもらえない?

一緒にお寿司屋さんに行って「さあ何を注文しよう!」という時に、寿司ネタってどうやって英語で説明しますか?
魚の名前なんて辞書アプリやネットで調べればすぐ出てくるので、それを見せればいいじゃん!と思いませんか?でも、そこは注意が必要です。

というのも、実は外国人ってそんなに魚の名前を知らない方が多いです。
むしろ世界視点でみると日本人が魚に詳しすぎます。

例えばアメリカのスーパーでは冷凍のタラ、ティラピア、サーモンは売っていても、 アジ・サバ・サンマはほとんど売っていません。

なので、いきなり辞書で調べた英名を使って「Would you like to try medium‐sized gizzard shad ?」(コハダ食べてみる?)なんて聞いても、「何それ?」となります。
寿司通の外国人ならまだしも、そもそもコハダを知らない可能性が高いです。

なので、説明する時も
「It is a kind of bluefish.」
(青魚の一種だよ。)
と一言 bluefish と付け加えてあげると親切です。

次の項目で、英語の直訳でも通じる寿司ネタと、ちょっと工夫して教えてあげないと通じない寿司ネタを一覧にしてみました。

英名でもわかりやすい寿司ネタ一覧

とはいえ、寿司はもう世界中で有名なので、有名な魚の名前は英語で直訳してもほぼ通じます。
マグロも有名ですし、イワシ、タラ、サーモン、エビ、ホタテも欧米人はほぼ知ってます。

まぐろ→Tuna
中とろ→Fatty tuna
大トロ→Fattest tuna
いわし→Sardine
サーモン→Salmon
エビ→Shrimp もしくはPrawn
(厳密にはShrimpは小型のエビ、Prawn はクルマエビなど中型のエビです。ですが、どちらでも通じます。)
たこ→Octopus
ホタテ→Scallop
いくら→Salmon roe ※
たらこ→Cod roe※
(※Roe は”魚卵”を意味しますが、英語圏以外の外国人にはeggと言った方がわかりやすいです。 )

アナゴ→Conger eel
Eel(イール)だけだとウナギという意味になります。イタリア沿岸部・スペインなんかではよく食べるので世界でも知名度のある魚です。なのでeelという単語がついていれば、「なんかウナギの一種なんだな」とわかってくれることが多いです。

タイ→Sea bream
タイはヨーロッパ沿岸部ではよく食べるので知っている人も多いです。
Sea breamという呼び方が一般的な印象ですが、オーストラリアやニュージーランドなどSnapperという名称の方が浸透している国もあるようです。

そのまま英名で伝えてもわかりにくい寿司ネタ一覧

逆にこの辺りは注意が必要です。

カレイ・ヒラメ→FlounderもしくはFlat fish
もちろん種類によって正式な英名があります。ですが、一般的な外国人は違いを気にしていません。相手が海洋生物学者でもない限り、Flat fish (平たい魚)と訳すのが一番わかりやすいです。

ウニ→Sea Urchin
シーアーチンの単語でわかる人もいますが、「何それ?魚?貝?」って人もいます。
そんな時は「Sea urchin looks like spiny shell of chestnuts.」(ウニは栗のとげとげの殻みたいのだよー)って言ってあげるとわかりやすいです。名前を知らなくても見たことある人が多いはず。

あわび→Abalone
台湾・中国やヨーロッパの沿岸部など食べる国もありますが、アメリカではほとんど食べません。アバロンと聞いてわからない人もいるので、「shell(貝)だよ」と言ってあげるとわかりやすいですね。

<青魚系>
Sardine(イワシ)は有名なので、ほぼ通じますがそれ以外の青魚の名前を知っている人は少ないです。
なので、正式名称を教えてあげた後に “kind of bluefish”だよ、 と言ってあげるとわかりやすいと思います。

アジ→ Horse mackerel
サバ→ Mackerel
サンマ→Pacific saury

まとめ

あまり小難しい単語を頑張って言っても伝わらないので、欧米でマイナーな寿司ネタは「貝だよ」とか「青魚だよ」とか、うまく知っている単語で説明してあげると良いですね。

もし外国人をお寿司屋さんに接待する際は、参考にしてみてください😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました