低糖質ランチのメリット!午後の眠気に悩む人必見

お料理・レシピ

みなさん、お昼ごはんって何を食べていますか?

私は毎日低糖質メニューのお弁当を作って持って行っています。
会社の周りは美味しいレストランがいっぱいあるので、毎日外食という社員も多いのですが、できるだけ外食は控えるようにしています。レストランって絶対ごはんやパン、麺類がついてくるし、糖質満載なんですよね。
なぜ低糖質ランチに行きついたかというと、理由はただ一つ「午後の眠気を抑えるため」です。
以前はどうやっても午後2-3時頃に急激な眠気が襲ってきて、頭がぼーっとするし、業務が捗らず本当に悩んでいたのです。


だらだら効率の悪い仕事をして夜まで残業なんて絶対いやなので、必死で午後の眠気を防ぐ方法を調べて実践しまくりました。

例えば 刺激の強いガムを噛んだり、コーヒーを飲んだり、こまめに立って歩くようにしたり・・・。
しかしどれも一時的には眠気は覚めますが、結局あまり変わりませんでした。

その中で一番効果があったのが、ランチの摂取方法を変えることでした。

そもそも、ランチ後に眠くなるのは血糖値の急上昇からの急降下が原因であると言われており、ランチにがっつり糖質をとると、その後1時間ほどで血糖値が急激に下がりだすのです。
血糖値が急激に下がる時に眠気やだるさが襲ってくるので、血糖値の急上昇を防げば眠気も防げるということですね。

今までにはなんとなくご飯やパン+おかずだったり、パスタというメニューだったのですが、主食の炭水化物を思い切ってなくしてみました。

なかなかレストランの食事で糖質を抑えるのは難しいので、お弁当を作ります。
ある日のメニューはこんな感じです。↓

<焼き鮭>
・ほんの少し塩を振って焼いた鮭

<温野菜サラダ>
・茹でブロッコリー
・茹で人参
・茹でアスパラ
・ミニトマト

<ゆで卵>
ゆで卵を剥いて少し塩をふるだけ

<スモークチーズ>

野菜を多めに入れて、タンパク質もしっかりとります。タンパク質をきちんと入れないと、午後お腹がすくので、注意です!脂質も多少あった方が腹持ちがよいので、チーズを入れます。

甘いデザートが欲しいところですが、私はミカンやバナナなどフルーツを持って行きます。でもランチタイムには食べません!いろいろ試して、食べるタイミングは大体眠くなりやすい3時頃にしています。
※体調やランチメニューによっても違うので、なんとなく甘いものが欲しいなと思ったタイミングで、午後に食べるのがおすすめですよ!本来人間の体は何が必要かわかっているはずなので、自分で甘いものが食べたいと思ったタイミングがベストかなーと思っています。


そうすることで、さらに食後若干上がって下がった血糖値を上げて、また集中力を回復することができます。
この方法にしてから、嘘みたいに食後の眠気が抑えられるようになりました!
更に、それ以外にもメリットがあるのです。

①減量に成功!
始めて1か月で2キロ痩せました。ここ最近で運動量は特に増えていないのですが・・・。
やっぱり糖質の取りすぎは太るんですね。糖質はすぐエネルギーになるので、体を起こすために朝ご飯でとるのは良いと思います。でも、ランチでもがっつり摂取する必要はないのかなと思いました。

②減塩効果あり!
白米がないとどうしても、味の濃いおかずを食べるのってきついんです。結果、かなり味付けの塩分を抑えることになるので、減塩につながりました!
塩分取りすぎで悩んでいる方にもおすすめです!

③節約になる!
なんといっても、お弁当を自分で作った方が節約になります。外食の消費税も上がりましたし・・・。お弁当作るのって結構大変だなと思ってる方は多いと思うのですが、簡単メニューから始めればよいのです!
例えば、温野菜や茹で卵なんかは前日にささっと茹でておけばいいし、鮭は朝ご飯の準備している間に、魚焼きグリルに突っ込んで焼いておけばいいのです。
当日は作業量少なく、基本的にただ詰めるだけにしておけば、忙しい朝でも苦になりませんよ。

実践してみてすごくよかったので、とってもおススメです!
効率よく働いて、その分プライベートに時間を使いましょう~

コメント

タイトルとURLをコピーしました