サグラダファミリアの楽しみ方!バルセロナに隠されたガウディコードを探せ

スペイン

スペイン観光といえばサグラダファミリアを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

サグラダファミリアは、スペイン・カタルーニャの建築家であるアントニオ・ガウディが建築を手がけたカトリック教会です。1882年の着工から100年以上経っているにもかかわらず、いまだ工事は完成しておらず、2026年に完成予定と言われています。
ガウディは生前フリーメイソンのメンバーであったという噂が有名ですね。
そのため、自身の手掛けた建築物にもフリーメイソンにまつわる無数の暗号を隠したなんて言われています。真偽のほどは定かではありませんが、確かに無意味だとは思えない謎のシンボルをいっぱい発見しました。バルセロナでガウディ建築を見学する予定のある方は、そんなところにも着目して見ると、また新たな発見があるかもしれません。

私がバルセロナに行った際に見つけた、暗号らしきものをご紹介します。

スポンサーリンク

サグラダファミリア


遠くから見てもすごい存在感です。正直今まで見たどのヨーロッパの教会ともスケールが違います。これは一生に一度は見てみたいと思う人がいるのも、わかります。

中に入ると柱がいっぱいあって、大きな植物の内部にいるような感覚に陥りました。
なんか風の谷のナウシカが落ちた腐海の底に似てるような。
左上にちょっとガウディっぽくないデザインのライオンがいました。

ドアには文字の羅列とクロスワードパズルみたいな四角があります。実はこの中の数字、どの列を足しても33になるんです。フリーメイソンには33階級あったり、33というのはフリーメイソンのキーナンバーなので何か不思議な関連性を感じますね。

下も同じく “受難のファサード” にキリストにキスをするユダのワンシーンがあります。
その後ろに例の魔法陣パズル。やはりどの列を足しても33になります。どんな意味があるんでしょう・・・。

グエル公園

グエル公園は朝一番で行くのが空いてておススメですよ!
シンボルのトカゲがお出迎えしてくれます。

上から見るとこんな感じ。この柱の上が広場になっていて、ここにもガウディコードがたくさん散りばめられています。

ベンチは割れたタイルでデザインされているのですが、一つ一つよく見ると謎の暗号らしきものが・・・。OH MARIAって書いてありますね。

後からタイルに掘ったらしきアルファベットのような模様のような・・・。

ユダヤ教のシンボルである六芒星(ダビデの星)らしきものもあります。

ここはじっくり見たかったので、時間をかけて観光を楽しみました。
ディズニーランドで隠れミッキーを見つける感覚で、いろいろ探してみると面白いですよ。

サグラダファミリアもグエル公園も予約しておくべし

サグラダファミリアもグエル公園も連日すごい数の観光客が訪れます。
サグラダファミリアは特に当日行っても予約がいっぱいで入れないこともあるので、スペイン旅行が決まったら早めにネット予約しておくといいですよ!

サグラダファミリアの公式サイト
いろいろオプションがありますが、エレベーターで上に登れるチケットがおすすめです。
バルセロナの街を一望できますよ!
ただし、帰りはすごく狭い急階段を下りてなければいけないので、
足の悪い方は避けた方が良いです。

グエル公園の公式サイト
夕方の営業時間外だと無料で入れたりします。
ただし、ハイシーズンは混むので、ゆっくり見たいなら朝がおすすめです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました