閲覧注意!メキシコの寄生虫が怖すぎる!

メキシコ

本日はメキシコで起きた怖い話です・・・・タイトルからして苦手な方はこのまま画面を閉じることをおすすめします。

ある日メキシコに住む家族が庭で鳥のヒナを保護しました。
どうやら巣から落ちてしまったようです。かなり高い木の上に巣があるようで、巣に返すことができません。しかもまだ生まれたばかりで、外の世界を認識できてなさそう・・・。
このままにしておいたら死んでしまう!ということで、保護することにしました。

種類を調べたところ、どうやら種子やフルーツを食べる種類の鳥らしいです。
義母いわくスペイン語でGorrión pecho rojo という名前の鳥なのでは?とのこと。
(和名は不明)育つとカラフルな鳥になるそうですよ。

体を温めてあげて、フルーツや穀類をあげたところすごい勢いで食べます。
特にバナナがお好みのよう。
名前はまだないので、Banana chick とあだ名をつけました。

ところが、保護から2日後衝撃の事実が判明します。
ヒナに餌をあげていたところ、首元に大きなおできができているのを発見。
なんか変だなと思って触ってみると・・・・
なんと大きな幼虫がでてきました・・・

気持ち悪いぃぃぃぃぃ~

そしてそのまた1日後、今度は別のヒナが落ちてきました。
こちらはさらに状態がひどく、顔も足も幼虫だらけです。
慌てて全部取り除きましたが、こちらは既に手遅れでこの雛は死んでしまいました。
どうやら巣の中でこの寄生バエが大量発生したらしく、巣の中の他のヒナは全滅しているようです。(高いところにあるので、よく見えない)

Banana chick は必死に逃げてきたのでしょうか・・・。親鳥も見当たりません。

可哀そうすぎる・・・


念のため義母が他にもいないかBanana chick の体を調べたところ、足にもついてました!
なんと計3匹も!!!

おとなしくピンセットで寄生バエ駆除を受け入れるヒナの図↓

少し疲れてしまったようですが、無事寄生虫駆除作業が完了しました。

その後少し調べてみたところ、このヒトヒフバエはその名の通り人間にも寄生するようです。メキシコ含む中南米の他国でも 症例が報告されているので、メキシコ旅行の際はご注意ください。
大きなできものができたと思ったら、寄生虫だったなんて一生トラウマになりそうです・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました