海外 スリの手口と防犯対策

海外旅行のお役立ち情報

旅行大好きな私ですが、旅先で一番心配なこと・・・それは犯罪に巻き込まれることです。
ヨーロッパ旅行で特に注意したいのが、スリ被害です。
お金やパスポート、クレジットカードが盗まれてしまうと、カードを止めたり、現地の日本大使館に行ったりと旅程の変更する必要がでてくることもあります。

海外でスリ被害にあうとそれだけで、旅の思い出が嫌なものになってしまいますよね。そんな思いをする人が一人でも減るように、被害にあわないコツをご紹介したいと思います。

慣れている現地の人でもやられる時はやられるし、それこそ本当のプロ集団に狙われたら、盗られるのがわかっていてたとしても逃げるのが難しいです。
ですが、常に警戒しておくだけでもスリ被害にあう確率は減りますので、相手の手の内を知ることが大事です。

スポンサーリンク

よくある手口一覧

ヨーロッパでよくある手口は以下です。

(アイスクリームスリ)
アイスクリームを片手にぶつかってきて、アイスクリームをターゲットの服にわざとべったりとつける。被害者が汚れた服に気を取られている間に、仲間が後ろから財布を盗む。(ケチャップバージョンもあり)

(アンケートスリ)
アンケートや署名を集めているといった口実で近づいてくる。署名やアンケートは嘘で、署名をしたり話を聞いている間に、仲間がこっそり後ろから財布を抜き取る。
※中には本当のアンケートもあるかもしれませんが、基本的に見知らぬ土地の路上でよくわからないアンケートに答えるのはリスキーです。

(押しくらまんじゅうスリ)
電車や人混みなどで、数名でターゲットを囲い、人に押されて混みあっているふりをしてその間に財布を盗む。
囲まれたと思ったら、しっかりバッグを押さえるようにしましょう。強引に手を伸ばしてくることもあるので、そんな時は大声で叫びましょう!咄嗟に英語がでなかったら、日本語でもいいです。とにかく周りの注意を集めること。周りの人が助けてくれるとも限りませんが、黙っていたら確実に誰も助けてくれません。
私はこれ、ポルトガルのお祭りでやられました!
お祭のため、歩くのも大変なすごい人混みだったのですが、急に前にいるポルトガル人が止まって動いてくれなくなりました。他の方向に進もうとするも、移動して通さないようにずっと押してきます。さらに「そっちは通れないよ!」と言って私が他の道に行こうとするのを阻んできます。
いや、みんな普通に通ってるじゃん。なんか変だな・・・
と思って無理やり押しのけて強引に逃げました。
そうしたらなんと、バッグのポッケが開いており、財布とバッグを繋ぐチェーンも外されていました。後に紹介する防犯バッグのおかげで、未遂で済みましたがヒヤリとした瞬間でした。

(タックルスリ)
後ろからすごい勢いでドン!とぶつかり、ターゲットがびっくりして振り向いた瞬間に貴重品を盗む。携帯を胸ポケットにいれていたり、わかりやすく貴重品を持っている時は特に注意。

※マドリード在住のスペイン人に聞いた話ですが、マドリードの人の多い通りで、いきなり後ろから誰かにぶつかられ、びっくりして振り向いた時には胸ポケットに入れていたスマホがなくなっていたとのことでした。あまりにも素早すぎて一瞬何が起きたのかわからなかったそうです。現地の方ですらそうなのですから、私たち外国人は細心の注意を払わないといけませんね・・・。

(エスカレータースリ)
鉄道や駅などの長いエスカレーターで、歩いて通り越すふりをしてバッグから財布を盗む。もしくはバッグごとひったくっていく。エスカレーターに乗る時は、人が歩いて通っていく側にバッグを持たないように!

(電車内でのひったくり)
電車のドアの近くにいる人が狙われることが多い。電車が発車する直前のドアが閉まる瞬間に、ドア付近にいる人のバッグをひったくって電車の外へ逃げていく。被害者が追いかけようにも、既に電車のドアが閉まっているので追いかけられない。

押し売り系
(ミサンガの押し売り)
フランスのモンサンミシェルやルーブル美術館の前、イタリアのコロッセオなど有名観光地に出没。ミサンガを買わないかと話しかけてきて、勝手に手に巻き付け、20、30ユーロを請求してくる。いらない!と言っても、「もう結んでしまって取れないから、お金を払え!」と強引に要求される。強面のミサンガ売りにすごまれて、お金で解決できるならトラブルになるよりは・・・と払ってしまう方も・・・。そこが彼らの狙いです。

(薔薇の押し売り)
有名観光地で写真を撮っている人に、いきなり一輪の薔薇を渡して写真を撮らせた後、金銭を要求。しかも薔薇一輪だけなのに高い。
※ローマのトレビの泉にて、スペイン人観光客の女の子たちに写真を撮ってくれと言われたことがあります。写真を撮ってあげようとしたところ、突然目の前に薔薇売りが登場・・・。写真を撮る直前に、サッと女の子たちに薔薇を渡し、女の子たちもよくわからないまま薔薇を持ってポーズをとります。その後薔薇売りは、僕のあげた薔薇で写真撮ったでしょ!と7ユーロを要求。

しかし、スペイン人女子達はスペイン語で
あんたが勝手に渡してきたんでしょうが!高いし、いらんわ!と応戦。スペイン女子強し・・・!
イタリア語とスペイン語で喧嘩してました。そして薔薇売りは退散していきました・・・。

スリ・ひったくりにあわないためには?


①まずは、いきなり見知らぬ人に話しかけられたら警戒すること!
観光客が集まる場所で、周りを見渡してみてください。目をギラギラさせて道行く人を物色している人がいたら要注意です。彼らの行動をよく見ていると、誰をターゲットにしようとしているのわかりますよ。

私は変な人がこちらを見ていたら、じーっ👁👁と目を見開いて睨みつけます。
(家族にも、怖いよ・・・と言われます 笑)
変な奴と思われてもいいです。スリ被害にあうよりは。
相手が若干引いて目を逸らしたらこっちのものです。
そして、変な人が話しかけてきても無視!
私あなたのこと見えてないの!くらいの勢いで素通りします。

②バッグに手を添えておく
人混みの中ではバッグに手を添えておき、誰かが開けようとしたらすぐわかるようにしてください。また、スリ相手にも「こいつは警戒しているな」と思わせることができるので、ターゲットにされる確率も減ります。間違っても席取りのつもりで、椅子にバッグなんて置かないでくださいね。取って下さいと言っているようなものです。

③防犯バッグを持っていく
Loft や東急ハンズ、ネットで売っている防犯バッグを持っていくことをおススメします。私はこれのおかげでスリ被害を防ぐことができました。さらには、100均でもいいので伸縮性のチェーンを買って、バッグの中でさらに財布と結び付けておくといいです。もちろんか弱いチェーンなので、切られたり留め金を外されたらおしまいです。ですが、このチェーンを外すひと手間あることでスリ被害を未然に防ぐことができます。

私がポルトガルでお財布を盗まれる前に逃げ出せたのは、このチェーンのおかげもあると思っています。

④財布は安そうなものを持っていく
財布はすごく安そうなやつを持っていきます。むしろ財布というかポーチ?くらいの・・・笑
お金持ってると思われないほうが安全です。チェーンと結び付けられる金具付きがおすすめ。アウトドア用のお財布も良いですね。

【10%OFFクーポン対象品】CHUMS チャムス アウトドアグッズ Eco Small Wallet コーデュラ エコ スモール ウォレット 財布 [CH60-0852 FW17]【メール便可】

価格:3,080円
(2019/11/2 19:24時点)
感想(0件)


おすすめの街歩き用バッグ

私が街歩きをする時はバッグは基本的に以下3点を持っていきます。
・小さいサイズの街歩き用メインバッグ
貴重品が入るサイズ。小さいので冬はコートやジャケットの内側に入れちゃいます。

パックセーフ pacsafe デイセーフ ショルダーバッグ メンズ レディース 防犯バッグ クロスボディ 斜め掛け 海外旅行 旅行用 スキミングガード 12970233

価格:7,150円
(2019/11/2 19:26時点)
感想(0件)


エコバッグ
観光本や飲み物、折り畳み傘などの金目の物ではない持ち物を入れます。使わない時はたためるし、現地で買えばお土産にもなって良いですよ!
余談ですが、エコバッグを持って歩いていると現地在住と思われるのか、なぜかよく道や時間を聞かれます・・・。(しかもなぜかスペイン人のおばちゃんたちに・・・謎です。)

エコバッグ メール便送料無料 デザイナーズエコバッグ【エコバック トートバッグ 折りたたみ 折り畳み ポイント10倍 ナイロン レジカゴ ショッピングバッグ キャラクター 北欧 レディース】【楽ギフ_包装】ハロウィン

価格:1,210円
(2019/10/20 16:07時点)
感想(501件)

・紙幣とサブのクレジットカード、パスポートを入れておく首掛けポーチ
肩や首からぶら下げて貴重品のみを入れておく用のポーチです。外から見えないように服の中に入れちゃいます。もし万が一メインバッグがやられてもこっちがあるので、安心です。見知らぬ街でスリやひったくりにあって一文無しになるのはきついですからね。

【クーポンでお得!】 HIS パスポート貴重品入 ★ あす楽対応 ★ 5,980円以上送料無料 ★ レレバート スキミング防止ネックポーチ | ネイビー | Relevart (旅行用品 貴重品入 チケット 航空券 海外旅行 パスポート入 防犯対策 セキュリティケース ネックポーチ)

価格:2,090円
(2019/10/20 15:53時点)
感想(0件)


冒頭でもお話したように、やられる時はやられます…!
旅行でリラックスして来てるのに、滞在期間中一瞬の隙も見せない!なんて、プロの殺し屋でもないので無理です。
でも少なくとも何かあった時のためのリスクヘッジをしておけば、いざという時に安心です。

スリ被害でせっかくの楽しい気分が台無しになってしまわないよう、万全の対策をして海外旅行を楽しんでくださいね😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました