沖縄の珍生物 アサヒガ二とセミエビを食べる

国内旅行

突然ですが、私は自他ともに認める無類の甲殻類好きです。
あまりにも甲殻類を食べすぎて、私の中の甲殻類リミットを超えてしまったのか、最近エビを剥くとき手が痒くなります。(エビアレルギーじゃないことを祈る)

それでも珍しい甲殻類がいると聞けば、試してみないわけにはいきません。
那覇の公設市場で、アサヒガニとセミエビを食べたので食レポします。

沖縄公設市場をぶらぶらしていると、目に入るのが本州では手に入らない珍しい魚介の数々。
見ているだけで、ワクワクします!

このふぐっぽい魚はアバサー(ハリセンボン)ですね。
後ろの皮を剥かれたアバサーがすごい顔してます・・・。魚なのに目力半端ないですよ。


気になったこの子たちをお買い上げしました。
1.ロボット感のあるアサヒガ二 (3500円くらい)
2.クルマエビよりはるかに大きいウシエビ(1匹1000円)

3. お化けサザエのようなでかい巻貝、夜行貝(2、3000円だったような)
4.うさ耳(?)がピコピコ動いて可愛いセミエビ (8000円くらい)

代金を払ったら、上の階のレストランに持って行って調理してもらいます。

まずはアサヒガ二。なんか背中広いです。
「昔水泳やってた?」ってくらいしっかりした広い背中・・・。
ん?いや、違うな・・・逆にカニにしては狭い背中なのでしょうか?
フォルムがカニとエビの中間なので、カニなのかエビなのかわからなくなってきました。
そしてとげとげがすごいです。大根おろせそうですよ。
肝心のお味の方は・・・・・・

味うっす

この外見から濃厚な味を想像しすぎたのでしょうか。
甲殻類って独特の強い味があると思うのですが、アサヒガニはかなり淡白です。
よく言えば、あっさりして上品なのかもしれません。
こんなに個性強めな外見なのに、意外です。
むしろ一緒に炒めてあるネギの風味に押されていますね。

アサヒガニの名誉のため(?)に言いますが、決してまずくはないですよ。
普通にあっさり美味しいけど、個人的には濃厚な甲殻類が好きなので、ちょっと拍子抜けでした。

スポンサーリンク



次いってみよう!

夜行貝のお刺身とセミエビのお刺身です。
夜行貝はこりこりしてて歯ごたえがいいですね。
磯の良い香と貝の旨味も感じます。セミエビもしっかり甘くて美味しいです。

ちなみにセミエビのうさ耳部分ですが、固い殻が薄いスポンジみたいなパフパフした質感の何かでコーティングれています。ふわふわしてて触っていると気持ちいい。
そしてこのうさ耳部分は可動式です。すごく動きます。
調理される前・・・生前も、うさ耳をピコピコ上下に動かしながら水槽の中を歩いていらっしゃいました。


なんだろう・・・例えるなら飛行機の翼が角度調節する時みたいな動き方です。(わかりづらい?)
上下にウィンウィン動くきます。コミカルで可愛い生き物ですね~。
食べといてアレですけど、飼ったら絶対可愛いと思います。

せっかくなので裏側からも良く観察してみましょう。

うわぁ・・・前言撤回。
ちょっと怖いし、色がなんだか汚らしいです・・・。 足周りも蜘蛛のようですね。
裏返してはいけませんね。見てはいけないものを見てしまった気分です。

気を取り直して夜行貝にいきましょう。刺身の残りはバター炒めにしてもらいました。
刺身とは違う触感で、しこしこしていて美味しいです。
バターのコクと貝の旨味、適度な塩気がとても良い感じで気に入りました。

ウシエビと残りのセミエビは焼いてもらいました。
甲殻類は生も甘くて美味しいのですが、焼くと旨味が凝縮するので、焼きはおススメですよ。
ウシエビは結構しっかりした白身で食べ応え抜群です。
セミエビは刺身と焼き、どちらも美味しいので甲乙つけがたいですが、焼きは香ばしくて甘味が強くなる気がします。

ウシエビ、夜行貝、セミエビは美味しかったので、帰りにお土産にして持って帰ってきました。
公設市場の人に飛行機で持って帰りたい旨を伝えると、濡れた新聞紙に巻いて水が漏れないようにパックしてくれます。(国内線なので生モノOK。)
しっかり手荷物検査のX 線を通過し、空の上を一緒に飛んで帰宅しました。
セミエビは帰ったらまだ元気でビチビチしてたのでびっくり。

下の写真は自宅に持ち帰ったセミエビのドアップです。うーん、見れば見るほど不思議な形ですねー。色の配合具合も自然の芸術を感じます。

夜行貝もまだ生きていましたが、結構弱っていました。
蓋を下にして立てかけておくと、自分の重みで身が外にダレてきます。
そこを素早く引っ張りだし、ナイフで貝柱を切断するとうまく身が出せますよ。
エメラルドグリーンが綺麗ですね~

しっかりおうちで調理しました!これは一部です。後は焼いて食べました。

南国は本州と生物相が違って面白いですね。
今回シーズンじゃないためか、あまり出回っていなかった五色エビを買ってみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました