欧米人との会議で発言しないとバカだと思われる?国際会議の際の注意点は?

外資系企業・働き方

職業柄、いろいろな国の人達との会議で議論をする機会が多いですが、日本人だけの会議と異なる点がいくつかあります。
日本人がやってしまいがちな注意すべき点をまとめてみました。

スポンサーリンク

自分の意見を言うことが大事

日本人同士の会議と大きく異なる点。
それは 会議中に自分の意見を発言することが大事というところです。
もちろん日本人同士でも意見を求められることは多々ありますが、聞いているだけの会議って意外と多くないですか?
日本の会議って、ただのobserver的な人がいたり、発言しないけど勉強のために聞いてるだけみたいな人がいたり・・・。
欧米では「discussion で発言しないのは、その場にいないも同然」と言われるくらい、自身の意見を言うことが大事です。
もっと言ってしまえば、会議の時に発言しないとバカだと思われるか、会議をちゃんと聞いてないと思われます。これ、ほんとです。

英語圏の人達だけの中にポンと一人で会議で参加した時なんかは、ぼーっとしてると議論に置いて行かれてしまうので、頑張って集中していなければいけません・・・。(日本人同士の会議で集中していないわけではないのですが、英語圏の人だけの会議よりは気を抜いています・・・笑)

とはいえ、時差のせいで変な時間に会議設定されたりもするので、なかなかいつも集中するのは大変です。ましてや、こっちはネイティブスピーカーでもないですし、ボケボケしてるとうっかり聞き逃します。

特に英語圏では学生の頃からディベートの授業も多く、議論に慣れているせいもあってか、基本的に発言したがりな人が多いです。
そんな議論慣れしている人達の中に入っていくのですから、世界的にシャイな国民性とされる日本人には、結構ハードルが高いですよね。
でも社内の会議だったら最初はいいんです、失敗しちゃっても。
英語が綺麗にしゃべれなくても、ちょっと発言がまとまらなくなっちゃっても、とにかく自分の思っていることを言葉にすることが大事です。

悪くないのに謝らない

日本語の「すみません」という言葉は、英語で直訳するとexcuse meとかI’m sorryです。
ですが、実際はそれ以上にいろいろなニュアンスがあり、私たち日本人がよく使う言葉の一つですよね。
何かをもらった時も日本人同士だとつい「すみません」と言ってしまいますが、別に謝罪の意ではなく「わざわざお気遣いいただき、申し訳ない。ありがとう。」など、感謝の含みがあったりもします。
そんな文化的な背景もあり、謝ることに慣れている(?)日本人ですが、欧米人との会議の際は注意が必要です。
基本的に欧米人は、本当に自分に非がある時にしか謝りません。
あんまり謝ってばかりいると、すごく自信なさげに見えたり、変に思われてしまいます(;’∀’)

日本語での軽い「すみません」のニュアンスでI am sorryを多用すると、「え・・・なんで今突然謝ったの、この人?」と怪訝な顔をされてしまうので、よほど自分に非がある時意外は避けるのが無難です。

ダラダラ長い会議はNG

日本の会議はだらだら長くて、時間がもったいない!という意見をよく聞きます。
なぜか会議中に本来のトピックとは関係ない世間話が長々と始まったり・・・。
欧米の会議では、例え1時間の枠をとっていても、早く結論が出れば20分で終了したって全然構わないのです。
むしろ早く終われるのであれば、それに越したことはありません。
日本では、いまだに根強い残業文化が残っている企業もありますが、欧米では「残業=能力が足りなくて仕事が時間内に終わらなかった」というマイナス評価になります。
世間話もコミュニケーションの一環で業務に必要だと考える日本人に対し、無駄を省いて仕事はさっさと終わらせるべき!という考え方が、日本とは違うと感じます。

まとめ

こんな感じで違いをあげてみましたが、基本的にみんな同じホモサピエンスなので、必要以上に国際会議で緊張する必要はありません。

聞き取れなかったら、もう一度聞けばいいし、失敗しちゃったら次に気をつければいいのです。
むしろ日本人は外国人と聞いただけで、身構えすぎてしまう方が多いかもしれません。

文化の違いを理解すること、国際社会に順応していくことは大事です。
グローバルスタンダードな考え方も身につけつつ、日本人とか外国人とかあまり意識せず、お互いの文化のいいとこどりをしていければいいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました