英語は日本にいながらでも絶対に絶対に習得できる!

英語

私自身帰国子女でもなく、留学経験もありません。
ですが、今は外国人の夫を持ち(家では基本的に英語)、外資系の会社で外国人の同僚と英語で仕事をしています。
英語学習って、日本人には難しいと思っている方が多いと思うのです。
留学しなければ、英語なんて身につかないと考えていないでしょうか?

でも実際には、私の周りにも留学なしで英語が喋れるようになっている人は、わんさかいます。
今回はそんな英語学習のコツをまとめてみました。

スポンサーリンク

ワーキングホリデーや語学留学をすれば英語は確実に喋れるようになれる?

ワーホリや語学留学すれば英語が身につく!と考えている方は多いと思います。

ですが実際には、現地の語学スクールに語学留学していても、とてもビジネスでは使えない英語力の方もたくさん知っています。
現地でも日本人同士でずっとかたまっていて、結局プライベートの時間も日本語で話してしまい、身につかないまま帰国するという失敗談がよくありますね。

ワーホリ経験者も、日常のちょっとした会話は身についたけれど、英語を武器にするほどのレベルには上達しなかったという人は多くいます。

ただし一言に留学といっても、「現地の語学学校に通う語学留学」「英語圏の大学で学位をとる留学」は別です。
英語圏の大学で学位を取るためには、ある程度エッセイを提出したり、英語の授業を理解していなければいけません。現地の大学を卒業している人は、英語力は基本的に問題ないはずです。
そもそも、ある程度の英語力がないと現地の大学への入学が認められません。
英語圏以外からの留学生には、入学前に語学試験を受けさせたり、点数が足りない場合は基準の点数を満たすまで 語学スクール(foundation school)での語学クラス受講が一般的です。

日本できちんとした英語が喋れるようになるには?

私を含め、留学なしで英語が喋れるようになった人達の共通点はなんだろう・・・と考えた時に、一番最初に思いつくのは「圧倒的に英語に触れている時間数が違うこと」です。

私自身もともと英語が好きで、英語の映画を観たり(音声英語+英語字幕付きで)、洋楽を聞いたり、英語の本を読んだりしていました。
もちろん最初は映画も意味が分からないのですが、ワンフレーズでいいので洋画のセリフを覚えて、マネしてみたり・・・。
仕事で必要になり、必死にやりとりしていたら喋れるようになった(笑)なんて人もいます。
もちろん最初は、英語会議や英語の電話で内容がわからずチンプンカンプンで、とにかく失敗の連続です。
ですが、わからない単語があればその度に調べて、会話が聞き取れなかったら聞き返して・・・と繰り返すうちに喋れるようになるものです。

失敗を恐れない!うまく聞き取れなくても自分を責める必要なし!

失敗を恐れてはいけません。
喋らなければ、英語に触れなければ、うまくなんてなれません。筋トレみたいなもんです。

英語がわからないとき、思わず相手にsorry・・・ と言ってしまう日本人の心理、すごくわかります。
でもこちらは英語のネイティブスピーカーではないのですから、英語が拙くて当たり前です。
むしろ「こちらは母国語でない言語で合わせてあげてるんだから、もっとわかりやすくゆっくり喋ってもらえる~?」くらい強気のマインドでいきましょう!

最初はうまくコミュニケーションが取れなくても、めげないでください。
続けていたら必ず喋れるようになります!

私たちだって、赤ちゃんだった時から流暢に日本語が喋れたわけではないでしょう?
最初は意味がわからない単語も、親や周りの人が喋る言葉を聞いて、マネして喋っているうちにどんどん喋れるようになったのではないでしょうか?
英語もそれと同じです。
頭の良し悪しは関係ありません。
私たちが幼い頃から日本語を喋れるように、英語圏の人は子供の時から英語を喋ります。
そして言語は大人になってからでも十分身につきます。

実際何から始めたらいいの?

これさえ読めばOK!とか、この教材さえ押さえておけば間違いなし!!というような、絶対これ!!という答えはないのです。到達までの道は人それぞれで、無限にあります。
下記にご紹介するのは一例です。

英語の動画を観まくる

自分の興味のある分野や、既によく知っている分野が一番とっつきやすいと思います。
例えば・・・
サッカーが好き→好きな英語圏のサッカー選手のインタビュー動画をみる
海外コスメに興味あり→英語圏の人のメイクアップの動画をみる
好きな英語圏の俳優・女優がいる→その俳優・女優が出ている映画をみる
IT関連の職種の人→英語のIT向けコースの動画をみる

とにかく毎日英語に触れること、慣れること!そしてマネして喋ってみること!
YouTube の動画でも、映画でも、ビジネス関連のオンライン学習でもなんでもいいのです。
できれば、繰り返し繰り返し、内容が聞き取れるようになるまで何度も同じものをみてください。

ただし注意しなければいけないのは、英語にもいろいろ種類があります。
英語の喋り方はうつるので、あんまり下品なトピックの動画や、キャラ的にワイルドな人の英語をお手本にするのは避けましょう・・・。
標準語を学びたければ、地方出身のアクセントが強い人も避けた方が良いです。
日本語学習でも、関西弁や津軽弁の人をお手本にすれば、自然とそちらのアクセントがつきますよね。
さらに言うと、時代劇で日本語を覚えたら、侍言葉になっちゃうと思うんです。
アクション映画も、結構下品な言葉 ”f-word” を叫んだりするので注意です。

ビジネス英語を目指す方は、英語のビジネスマン向けコースや政治家のインタビューがおすすめですよ。

文法が苦手な人は、参考にできる例文が載っている教材を選ぶ

ライティングも重要ですが、日本人のほとんどは高校もしくは大学まで行ってれば、基本的な英文法は一通り学んでいるはずなんです。
なので、基本的に文法の本はいらないかなと思います。

日本の英語教育はスピーキングよりも、文法に重きを置いているので、実は日本人は文法に強いです。ライティングに比べると、喋るのと聞き取るのが苦手という人が圧倒的に多いんですよね。

それでも文法に自信がないという人は、英文法の本を購入してもよいですが、ポイントは例文が載っている教材を選ぶこと。

例えば・・・
be good at~(~が上手だ)
だけ書いてあって肝心の例文が載ってないような本はだめです。

例文がないとどういう時に使っていいのかわからないし、中途半端に文章の途中の構文だけ覚えようとしても、忘れます。

アウトプットも大事! 実際に声に出してマネしてみる

動画で英語を聞いているだけでも、英語のリスニングには慣れるのですが、実際に喋ってみることも大事です。
私がおすすめするのは「シャドーイング」です。
これは通訳さんも訓練に使用する手法なのですが、英語を聞きながらそれを真似して発音します。リピートするのとは違って、相手がまだ喋っているうちに自分も喋りだすので、聞くのと話すのとを同時に行わなければいけません。
最初はすごく難しいのですが、やっていると確実に英語力がアップするのでおすすめです。
ハリウッド俳優のインタビューをシャドーイング教材にしたものなんかもありますので、シャドーイングで検索して、自分の興味のありそうな教材を選んでみてください。

会話でスピーキングとリスニングのどちらにも慣れる

やっぱり最終的なゴールは英語できちんとコミュニケーションが取れるようになることですよね。

受け身の英語学習だけでなく、「自分の喋りたいことを喋れるようになる」というのも大事です。
動画や映画の中で「あ!このフレーズ、こんなシチュエーションで使えそう」と思ったものはメモしておくといいですよ。
しっかりと自分のものにしておくことで、咄嗟の時にすぐ出るようになります。

そしてそれを試す機会である実践練習は必須です!

既に英語圏の人と話す環境のある人は良いですが、ない人はオンラインでの英会話がおすすめです。普通の英会話に通っても良いですが、オンラインの方が圧倒的に安価ですし、始めるハードルも低いですよね。 かといって、対面での英会話と英語上達の効果は変わりません。

コロナウイルスの影響で自宅へ籠っていることが多い今こそ、始めてみるのも良いと思います。

いずれにしろ、何が正解、これでなければダメというのはないので、自分に合ったやり方を見つけてみて下さい。
大事なのはシンプルに「とにかく英語に触れること!聞いて話す機会を増やす!」ことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました