<海外で見つけた変な和食>メキシコでフルーツとクリームチーズの寿司が大人気?

メキシコ

私は親戚がメキシコに住んでいるので、プライベートでメキシコに行く機会があります。メキシコは治安が悪い、怖い国というイメージを持っている方が多いと思いますが、多くのメキシコ人はとてもフレンドリーで親切です。

マフィア関連の犯罪が絶えない、治安の悪い場所ももちろんありますが、全ての地域が危険というわけではなく、夜にぶらぶら歩いていても安全な町もあります。

マヤ文明やアステカ文明の歴史があったり、不思議な魔女文化があったりと、とっても面白い国なので、また少しずつメキシコで体験したいろんなお話をしていきますね。


今回は衝撃を受けたとともに、自分の考えを改めるきっかけになったお話・・・。

メキシコに滞在中親戚とその友人たちとお喋りしていた時のこと・・・
メキシコ人「そういえば、この辺りにすごい美味しいお寿司屋さんがオープンして大人気なのよ!あなたも食べてみたら?」
みにょん「へー。こんなところにも寿司屋あるんだねぇ。どんなお寿司?」
メキシコ人「えーっとね、クリームチーズとフルーツが入ってるの。イチゴとか。甘くてとっても美味しいのよ~。中国人が経営しているみたい。」
みにょん「・・・(絶句)」
どこのどいつだ、そんなもんを寿司と呼んでいるのは!!経営者出てきなさい!

とブチ切れそうになった時、ハタと気づいたのです。
日本にも、外国人から見たらそういう料理いっぱいあるよね・・・。
例えばナポリタンとか、たらこパスタはイタリア人から見たら衝撃的な食べ物だとか。
ケチャップなんて普通パスタに使わないし、たらこもこんな風にパスタと調理しないので、完全にジャパナイズされた食べ物のはずです。

日本で人気の本格派インドカレーも、実は本当のインド料理ではないものが大半です。
インド人の同僚に言わせると、日本でインドカレー屋と名乗っているお店の多くは、インド人以外が経営しており、ネパール料理やパキスタン料理を日本人用にアレンジしたものを提供しているそう。
そういえば、日本にはタコライスなんてものもありました・・・。
※ タコライスの話をすると、大抵のメキシコ人は「タコスとライス・・・? それ、日本でメキシコ料理ってことになってるの?そんな食べ物メキシコにはないよ(笑)」という反応をします😅

いや、日本もだいぶやらかしてるな・・・!!

夫が日本には本当のメキシコ料理屋さんが少ない、と嘆いていたのを思い出しました。ロサンゼルスには本場の味のメキシコ料理屋さんがたくさんあるので、たまに味が恋しくなるそうです。
日本のメキシコ料理屋さんは大体ジャパナイズされている(タコライスとか出てくる)か、テックスメックス(メキシコ風のアメリカ料理)が多いそう。
メキシカンタコスというと、ハードシェルのパリパリタコスのイメージが強いと思いますが、本場メキシコではソフトなタイプが主流です。
実はハードシェルのタコスはアメリカナイズされたメキシコ料理なんですよね。
日本では、そのアメリカナイズされた料理をメキシコ料理と言って出しているお店が多いです。

ただ、別にそれが悪いというわけではなく、それはそういうジャンルとしてありなんでしょうね。
タコライスもハードシェルタコスも別物として普通に美味しいですからね。

自分のフィルターを通して物事を見てしまっていたことに気が付きました。

フルーツクリームチーズ寿司とやらも、現地の人が美味しいと受け入れていて、人気がでているのであればとやかく言うものでもないのだと思います。

日本のテレビ番組でも、現地で間違い和食を提供しているレストランを正す!みたいな企画やってますよね。その道の達人がわざと身分を隠して、現地のレストランにバイトとして潜入し、最後に身分を明かして店主を驚かせるみたいな番組。でもあれって、逆をやられたらどうでしょう・・・?
例えば、たらこパスタがあるイタリアンレストランの店に、イタリア人シェフが乗り込んできてあーだこーだ言われたら・・・?
そんなん知ってるよ!でも、美味しいんだからいいじゃん!!!
ってなりませんか?

やっぱり自分達が正しいと思うところから、改めないといけないなぁと反省しました。
広い目で柔軟に物事を考えた方が、もっといろんな世界が見えるはずですね。

あ、でもフルーツクリームチーズ寿司=日本の寿司 という勘違いを見逃すのは別問題ですよ。 「それは日本の寿司ではないよ!寿司は普通生魚と酢飯だよ!!!」と きっちり訂正しておきました(笑)

今度またメキシコに行った時に、そのクリームチーズ寿司とやらを試してみたいと思います。
意外と美味しいかもしれないしね・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました