マグロの心臓レシピをおしゃれっぽく赤ワインソテーにしてみた

お料理・レシピ

私の記事を何度か読んでいただいている皆さん、薄々お気づきかと思いますが・・・・
なぜか珍しい食材を食べる機会が多いです
好奇心が強いのかもしれません。( 幼虫とかゲテモノ系は無理ですが・・・🤤)
世の中に自分の知らないものあると、試してみたくなっちゃいます。

さらに、アメリカ人の夫も日本の珍しい食材があると、絶対に食べたい!と言い出すので、家でいろんな珍食材を料理しています。
(なぜか夫は欧米人なのに、魚介系の生臭さにとても強いです・・・)

今回はそこまで変わった食べ物というわけではありませんが、夫のリクエストによりマグロの心臓を手に入れたので、ワインに合う感じに料理してみたいと思います。

まずは手を加える前の姿です。内臓の写真が苦手な人はここでページをクローズしてくださいね。

わーすごい紫色ですね・・・。さすが長距離を回遊する魚です。心臓強そうですね。
冷凍の物を買ったので、まずは解凍と血抜きのために塩水に漬けます。
新鮮なものだとレバ刺しみたいに刺身で食べられるらしいですよ。
今回は冷凍なので、臭みを消すためにニンニクと赤ワインで炒めることにします。

解凍が完了したらボールに入れてさらによく洗います。すごく血がでます。

薄い膜など汚そうなところを剥がしてきれいにしたら、キッチンペーパーでよく拭いて水気を切ります。魚介類は下ごしらえが命です。水分が残ってたりすると、生臭さが残るのでよーく拭きます。薄くスライスした後もペーパーでよく水分を取ってくださいね。

さ、下ごしらえはこれで完了。いよいよ料理していきますよ。

スポンサーリンク


フライパンにオリーブオイルを入れてとニンニクと炒めたら、心臓スライス投入。
火が通ってきたら仕上げに赤ワインを入れてさらに炒め、ハーブ塩で味付けしたら完成です。

鮪のハートのガーリックワインソテー完成~!!!
こんな感じに仕上がりました。レモンをぎゅっと絞っていただきます。


マグロのカマも塩焼きにして一緒に出してみました。
お味の方は・・・うん、レバーのような感じで魚っぽくないですね。
よく血抜きしたおかげか、生臭はないし美味しいです。上出来上出来。
日本では珍しいメキシコワインと一緒にいただきます。
鉄分豊富なほうれん草も添えて、貧血気味の人にもばっちりな血液増量大作戦メニューにしてみました。たまにはこんな珍味メニューで夕飯も楽しいですよ!


<オマケ>
同日に冷凍のマグロの胃袋も買ったので、後日もつ煮込み風にしてみました。

解凍前↓

解凍してよく洗った後もつ煮込みのレシピで作りました。

こりこりと歯ごたえがあります。こちらも生臭さがなく、普通に美味しかったです。
マグロは内臓も楽しめちゃうので、捨てる所があまりないですね。

また買ってみようと思います😊


コメント

タイトルとURLをコピーしました