ドイツのフランクフルトから成田 JALのビジネスクラス搭乗記

ポルトガル

ポルトガルからドイツへルフトハンザで移動した後は、JALに乗り換えて成田に帰ります。

スポンサーリンク

フランクフルト空港内のレストランでソーセージを食べる

時間もあることだし、せっかくのドイツなのでフランクフルトソーセージを堪能したい!
ということで、空港内のレストランに向かいます。
(ラウンジにもソーセージがありそうですが、絶対種類少ないので、あえてレストランに行きます。)
ちなみにこの日は6月ですが、ヨーロッパ各地で記録的な猛暑日でした。
空港の天井がガラス張りになっているせいか、日差しがそのまま入ってくるのですごい温度です。 ソーセージの前に喉が渇いて干からびそうなので、ソーセージの種類が多そうなレストランにさっさと入店します。
ドイツの民族衣装を着た店員さんに「すごい暑いから、なんかサッパリした飲み物下さい。」と適当な注文をする私。
アップルソーダがおすすめよ!との事なので「じゃ、それください」と注文します。

ソーセージ食べるならビールも一緒に注文しないとね・・・。
ソーセージの種類が正直よくわかりませんが、適当に注文しました。

ドイツのソーセージとアップルソーダ、ビールが来ました。

芋と玉ねぎのボリュームがすごいですね。ドイツのイメージ通りです。
しゅわしゅわのアップルソーダとソーセージで、体力回復しました・・・!

フランクフルトのサクララウンジ

ソーセージを堪能したので、満たされた気分でJALのラウンジへ移動します。
日本人がたくさんいてびっくりです。フランクフルト経由でヨーロッパに行く方が多いのでしょうね。むしろ、ここは日本のラウンジ?くらいの日本人の多さでした。

さて、ラウンジでも何かつまもうかな~と思いましたが・・・ポルトのラウンジ、ルフトハンザの機内食、そしてさっきのソーセージでお腹は限界を迎えています。
なので、デザートだけいただきました。
他にもご飯ものや軽食、ケーキなどもいろいろありましたよ。
そしてさすがハリボーの国ドイツ!ハリボーのグミがたくさん置いてありました。
せっかくなので食べたいけど、お腹いっぱいなので控え目に3粒だけ取ります。

チョコケーキは、脳天に突き抜ける甘さ・・・私には甘すぎました・・・。
ちなみに、ソーセージはやっぱりありました。フランクフルトのラウンジですもんね。
大きいタイプで茹でてあるものが1種類ありましたよ。
お腹いっぱいなので、今回はパスです。

JALビジネスクラス機内

今回も座席がフルフラットになるタイプの機体です。
ANAもJALもですが、日系航空会社はやはり接客が素晴らしいですね。CAさんがとても親切です。

だらだらしながらスクリーンをいじったりしていると、すぐ機内食の時間です。
JALのビジネスは初めてですが、お食事はこんな感じなんですね。
サーモンとエビが美味しいです。プレッツェル大好きなので、嬉しいですね~。
これはドイツー日本線だけだと思いますが、美味しいです。
お腹いっぱいだったはずなのに、プレッツェル全部食べました😅

デザートもちゃんとありましたよ。私にとって食後のデザートは重要なので、ポイント高いです。

ちなみに到着前の朝ご飯は、和食をいただきました。
普段機内食であまり和食を選ばないのですが、この日はなんだか途中から具合が悪かったので和食にします。暴飲暴食のツケでしょうか。
具合が悪い時はやはり母国の味ですね。味噌汁が沁みました・・・( でも飲み物はコーラ)

JALのビジネスクラスアメニティ

ANAのビジネスクラスではポーチ入りのアメニティセットがついてきたことがないのですが、同じ日系でもJALは用意されていました。ポーチは織物で有名な龍村が監修しているようです。
シルバーにJALの鶴マーク付きでなんだか縁起がよさそうです。
めぐりズムが入っているのも嬉しいですね。
日本製品の魅力を全面に押し出していて、良いのではないでしょうか。
私は結構このアメニティセット好きです。

そんなこんなで、今回も楽しい海外旅行でした😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました