<ポルトガル旅行記>ポルトガル人は親切の塊だった 突然のおもてなしを受ける

ポルトガル

この日はリスボンの町を一望できるという、リスボンの丘の上に立つサン・ジョルジェ城へ行くことにしました。今回はフィゲイラ広場からバスに乗ります。
時刻表を見ていたら、バス停で待ってたおじちゃんが
「今日は土曜だから、ここを見るんだよ。次のバスは30分後だよ」と教えてくれました。
30分か~結構あるな…と思っていると、ちょうどバス停のすぐ近くで何やら週末市がやっています。

ジュースやお酒のスタンドやら生ハム屋さんやら、美味しそうな屋台がたくさん!↓

さっそくチョリソ盛り合わせを買いました。3ユーロくらい。安い!

バス停に戻って、屋台で買ったチョリソをもぐもぐしていると、隣で同じくバスを待っていたポルトガルマダムがじーーーー👁👁っとこちらを見てきます・・・

すっごい見られてるぅ・・・(;’∀’) 
バス停でチョリソ食べてお行儀悪かったかな・・・

と思っていると、何やら熱心にポルトガル語で話かけてきます。

ポルトガル語よくわからないけど、ウン・・・。ウン・・・・。(適当)と聞いていると、おもむろに買い物袋から、買ったばかりと思われるパンを取り出すマダム。

え・・・?なんでここで突然のパン・・・・?

よくわからないけど、くれるらしい。

ああ、後からよく考えてみると「パン」がどうのって言ってたわ・・・(そこだけ聞き取れた)
つまり、そのチョリソにはこのパンが合うから一緒に食べるといいわよ!はい!どうぞ!ってことだったみたいです。

初日から薄々感じてたけど・・・もしかして
ポルトガルって親切な人多い・・・?

せっかくなのでマダムにObrigada(ありがとう)を言って、パンをもらいました😁

もらったパン(半分食べた後に写真撮ったので、かじりかけの写真しかありませんでした・・・)↓

味は普通のプレーンで素朴な感じのパンでした。確かに味の濃いチョリソには合いますね。
おいしくいただきました。

<オマケ>サン・ジョルジェ城からの眺めもとっても綺麗でした。時間に余裕のある人は行くべし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました