ポルトガルのスーパーはプチプラ土産の宝庫!

ポルトガル

ポルトガルに旅行に行ったら、絶対チェックしたいのがスーパーです。
ポルトガルのスーパーで大きいチェーンというと、CONTINENTE(コンティネンテ)かpingo doce(ピンゴドーセ)ですが、どちらもポルトガルならではの商品がいっぱいあって面白いですよ。
ポルトガル国内のいろいろなところにあるので、ポルトガルを訪れる人は是非覗いてみてくださいね。
リスボンとポルト滞在中にどちらも何回か行ったので、写真とともにご紹介します。

スポンサーリンク

CONTINENTE(コンティネンテ)

まずはコンティネンテです。大きな店舗が多い印象です。
下の写真はリスボンのコンティネンテで見つけたポルトガル名物バカリャウ (=干したタラ) コーナーです。
入ってすぐの印象は、うーん、すごい漁港臭。
遠くからでも、あそこにバカリャウがたくさんあるなってわかります。
まあ、これだけ干し鱈並んでたら、そりゃ臭いはしますよね。
そして床にはバカリャウから出たと思われる、細かいパウダー状の塩がたくさん落ちているため、足元がザリザリします。皆さん、あまり気にしていない様子。バカリャウは塩がいっぱい振りかけてあるので、仕方ないのかもしれないですね。

日本人は魚臭さに慣れているから全然大丈夫ですが、負けず劣らずポルトガル人も生臭さに強い国民だなと感じました。魚を食べない国の人は、臭いだけで卒倒しそうです。

ポルトガル人主婦達が、真剣にバカリャウを選んでいます。
ビニール袋に手を突っ込んで、お好きなバカリャウを掴み取るスタイルのようです。
ちょっと買ってみたい気がしましたが、ぐっとこらえて次のコーナーに進みます。

お次は鮮魚コーナーです。
さすがシーフードをたくさん食べる国ですね。
切り身の魚もいっぱい売っていて、まさにシーフードパラダイス!

丸ごとの鮮魚も売っていますよ。例の深海魚、黒太刀魚もいました。
やっぱり色といい、顔といい太刀魚のゾンビ版のような魚です。
黒すぎて、写真では魚の表情がうまく映りませんでした。

乳製品コーナーには大量のチーズ!画面に収まりきらないくらい、大きなチーズコーナーです。
チーズ好きな私は、このコーナーだけでテンションがあがります。ホテルに帰って食べる用のチーズを選びます。

お肉コーナーはどうでしょう?
あっ・・・・・あれはまさかウサギ!
まあヨーロッパでは一般的な食材ですが・・・・
(苦手な人はこの下へスクロールしないでください。)








 

 

 

 

 

 

 

ぎゃーーーーーー!!!!!!!

いつもふわふわして可愛いウサギたちがこんな姿に・・・。
あと、並べ方がなんか嫌・・・!!!
お尻がぷりんとこっちを向いてます。
並べた人の意図を感じますね。

ちょっと心にダメージを負いながら、アジア食材コーナーへ移動します。
さっそく緑茶を発見しました。

あなたのお茶」心が渇けばお茶が良い

と書いてあります。見たことないお茶ですが、メーカーはサンガリアのようです。
それにしても、こんな遠い西の果てでも日本の緑茶は人気なんですね。

一通り時間をかけて見ることができて、満足です。やっぱり海外のスーパーは楽しい。

pingo dose(ピンゴドーセ)

続いてピンゴドーセです!
ピンゴドーセは街中に小型店舗があちこちにある印象です。

入ってすぐ果物が置いてありました。
ホテルに持って帰って食べるように、いろいろなフルーツを買いこみます。日本に入ってこない種類も多いので、興味をもったフルーツは片っ端から買い物かごに入れていきます。
右中段は潰れた桃のような果物で、私は勝手にザブトン桃と呼んでいます。
(ヨーロッパでよく見かけますが、丸いザブトンのようです。)
隣国スペインでも食べましたが、日本の柔らかくてジューシーな桃とは違い、固くてちょっとゴリゴリします。
味はネクタリンに近いですね。爽やかな甘さで、これはこれで美味しいですよ。
日本で売ってるのは見たことがないので、興味のある方は試してみてください。
シーズンなのか、1キロ2ユーロ以下と激安です。

そして、アジアコーナーへ移動します。

ん・・・?おかしなものを見つけました。

・・・バンザイヌードル・・・?
メキシコやアメリカのスーパーでは定番の、日清とかマルちゃんは全く置いていません。
なぜかこのバンザイヌードルがたくさん売っていました。
そもそも日本のメーカーなのかも不明です。日本=バンザイのイメージなのでしょうか。
パッケージのキャラクターが、ちょっとチャイナ感ありますね。

スーパーで買えるお土産

私は旅先のスーパーでよくお土産調達をするのですが、ポルトガルは注意が必要です。
なぜならポルトガルのスーパーにあるお菓子は、スペインやフランスからの輸入モノが多いのです・・・!
ちなみに洋服やバッグも、ポルトガルブランドをあまり見かけませんでした。
国土が小さいから、あまり国内生産していないのでしょうか。
なので、買う時はよく原産国を確認しましょう!
お友達にポルトガル土産を渡したつもりが、Made in Spainだったという失敗をしてしまいそうです。

今回ポルトガルのスーパーでは、慎重にポルトガル産を見極めて、こんな感じのシーフード缶を買ってみました。

缶詰ってナポレオンのおかげで開発されたそうですよ。
遠征に兵士の分の食糧を持っていかなきゃいけないけど、当時は保存食は瓶詰だったから相当重かったとか。

もう少し軽くならないものかねー・・・ということで缶の保存食が開発されたそうです。
缶詰発祥の地であるヨーロッパで缶詰を買うというのも、なかなかオシャレですね。

今回購入した缶詰は、イワシのパテ、イワシ&トマトソース、オリーブとニンニクで味付けしたバカリャウ、タコなどなど・・・。

スーパーには日本では珍しい缶詰がいっぱいあるので、おすすめです。
町のお土産屋さんや空港にも売っているんですが、断然スーパーの方が安いです!
1個あたり1ユーロから3ユーロくらいで買えますよ。

赤いパッケージとイワシの絵がオシャレな缶詰の中身は、こんな感じでした。
自分でも食べてみましたが、味付けも良いです!程よい塩気にイワシとトマトの旨味が、パンにもご飯にもどちらにも合いそうで、日本人ウケ間違いなしです。

ポルトガルコーヒーやチョコレートなんかも、スーパーで買えるお手頃なお土産として良いと思います。

チョコってベルギーとかフランスのイメージがありますが、 ポルトガルは意外にもチョコがおいしいんです!
スーパーにはフランスやスペインブランドの輸入チョコレートもたくさん置いてありますが、せっかくなので是非ポルトガル産のものを探してみてくださいね🤭

コメント

タイトルとURLをコピーしました