ポルトガルに行ったら食べるべきポルトガル料理まとめ

ポルトガル

ポルトガル料理ってどんなイメージがありますか?

あんまりイメージがないという方、実は多いのではないでしょうか?
実はポルトガルはシーフードをよく食べる国で、味付けもシンプルなので日本人の口に合う料理が多いんです。
私がポルトガル旅行で食べて美味しかったポルトガル料理をご紹介します。

スポンサーリンク

ポルトガルに行ったら柔らかタコを食べるべし!

ヨーロッパはあまりタコを食べる習慣がない国が多いのですが、ポルトガルはタコをよく食べます。むしろ名物の一つと言ってもよいのではないでしょうか。
なんといってもポルトガルのタコはすごく柔らかいのです。塩とオリーブオイルのようなシンプルな味付けが多いのですが、タコ自体が美味しいので是非食べてみてください。
そして半割になったタコが1匹分出てくる(!)レストランが多いです。
(美味しいのですが、タコ丸々1匹はなかなかヘビーです。)


はずせないバカリャウコロッケ

ポルトガルと言えばバカリャウですよね。バカリャウとは塩漬けのタラなのですが、スーパーに行けば必ずある、ポルトガルではかかせない食材の一つです。
そんなバカリャウをコロッケにしたものは、程よい塩気といいおつまみにぴったりです。小腹が空いた時にもおすすめです。

ポルトガル風イワシ焼きは香ばしい

どんだけイワシ食べるんだ、ポルトガル人!というくらい祭りでも食べるし、レストランでも定番メニューです。イワシの種類自体は日本と変わりませんが、網で焼いたりオリーブオイルでジュウジュウ焼いているのを見ると、つい食べたくなってしまいます。

そして相変わらずのボリューム・・・!一人4匹でてきちゃいます!
日本でイワシを一人で4匹食べることはなかなかないのではないでしょうか・・・。
レモンをキュッと絞ってお野菜と一緒にシンプルな味付けでいただくのがポルトガル流です。

魚介の旨味たっぷりアロシュ・デ・マリシュコシュ

アロシュは米、マリシュコシュはシーフードという意味です。
アサリ、ムール貝、イカ、カニ、魚などいろんな魚介類が入ったポルトガル海鮮リゾットです。ポルトガルで何度食べたことでしょう・・・。本当に美味しいので、是非食べてみてください。ポルトガルは魚介が新鮮で美味しいので、シンプルに煮込むだけで。旨味がひろがります。パクチーを使うのが近隣のスペインなどとは異なるところです。そこまでパクチー臭さはないので、パクチー嫌いな人でも食べられると思いますよ!

忘れちゃいけないエッグタルト

ポルトガルのスイーツといえばエッグタルトです。お店によって味が違うので、いろいろなお店で試してみてくださいね。
カスタードのようなとろりとした食感と優しい甘味が、甘いもの好きにはたまりません。ポルトガル名物の一つなので、是非食べるべし!

以上おすすめポルトガル名物でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました