テレワーク鬱に注意!在宅勤務の注意点まとめ

外資系企業・働き方

新型コロナの影響で、テレワークに切り替えた企業も多いと思います。
そんな中、普段在宅で働くことのない人が突然在宅勤務に切り替えたことにより、ストレスを感じるケースが多いそうです。中にはテレワーク鬱になってしまう人もいるとか。

私は以前より在宅勤務をしているので、自らの経験をもとに在宅勤務での注意の点をまとめてみました。

スポンサーリンク

その1 朝はきちんと身支度をする

通勤する場合は、朝決まった時間に起きて、顔を洗って着替えて、朝ご飯を食べて・・・と出社に間に合うように時間を計算して身支度しますよね。
しかし、在宅勤務だと誰にも会うことがないので、つい夜更かしして朝ギリギリに起きてしまったり、朝ご飯を抜いてしまったりします。
「朝ギリギリに起きて、そのまま顔も洗わず仕事を始める」なんてことをしてしまうと、仕事のメリハリがつかず、うまく集中できません。
また、朝ご飯を抜いてしまうと、当然ですが途中でお腹が空きます。
出社していれば、人目があるのでお昼まで我慢しますが、家だとつい何か食べながら仕事ををしてしまいます。
そうなると、もうそこで集中力が切れてしまいます。

その2 意識して体を動かす

完全在宅勤務に切り替えて実感しますが、通勤って意外と運動になっているんですよね。
意識しないと全く運動しなくなるので、在宅勤務中でもランチタイムにちょっと遠いコンビニまで歩いてみたり、朝の散歩をしてみたりするのが大事です。
新型コロナ後に、ビリーズブートキャンプブームが再燃しているようですが、自宅でできるエクササイズもいいですよね。
私は隙間時間にバランスボールでエクササイズしたり、ヨガマットを買ってテレビを見ながら筋トレしたりしてます。

その3 外気に触れる・部屋の空気は毎日入れ替える

テレワークの大きなデメリットの一つが、下手すると引きこもりの状態になることです 。
テレワークだからといって、業務は普通にこなさなければいけないわけで、別に仕事のストレスから解放されるわけではありません。
一日中家に閉じこもって、朝から晩までよどんだ空気の中仕事をしていたら、精神状態も悪化します。
朝起きたら15分ほど窓を開けて新鮮な空気をとりこんだり、朝早くお散歩するのがおすすめです。風水でも風は運気を運んできてくれると言いますしね。
コロナ対策としても空気を入れ替えるのは有効ですよ。

その4 気をそらすものを遠ざける

人目がない分ついテレビを見てしまったり、スマホをいじってしまうことがあるかもしれません。自分をどうしてもコントロールできないという人は、物理的に遠ざけてしまうのが良いです。
結局そういう物に気を取られていると、業務が捗らないのでダラダラ在宅勤務で残業することになってしまいます。
テレワークで大事なのは、いかに自分を律して業務に集中できるかということだと思います。
これができなければ、在宅勤務は難しいです。

その5 スケジュールを自分で作る

きちんと自分でスケジュール調整しないと、プライベートと仕事のメリハリがつかず、だらだら仕事モードのまま、夜遅くまでPCを開けているなんて状態になります。
一見自由に仕事をしているようですが、実はすごくストレスがたまる働き方なので、きちんと自分でスケジュールを決めましょう。
朝は決まった時間までに身支度を整えPCを開く。
ランチタイムもしっかりとって休憩する。
というのが大事です。

その6 外の人とのつながりをもつ

家族と暮らしている人はまだ良いですが、一人暮らしで在宅勤務をしていると誰とも喋らない時間が長くなってしまいます。
人間は喋らないと精神状態が悪化するものです。
SNSでもLINEでもよいので、積極的に外の人とつながりをもつようにしましょう。

同僚ともチャットや電話の際に何気ない会話をしたり、積極的にコミュニケーションを取ることが精神状態を良好に保つためには重要ですよ。
普段オフィス働いていた時も、みんなずっと黙々と働きっぱなしというわけではないですよね?
コーヒーを飲んで一息ついたり、同僚とお喋りする時間があったはずです。
在宅勤務でも同じように、同僚と積極的にコミュニケーションをとるようにするのが大事です。

まとめ

簡単に言うと、仕事とプライベートのメリハリをしっかりつけて、運動不足にならないようにしつつ、他の人ともコミュニケーションを取るようにしていきましょう!ということですね😁

こちらの関連記事もあわせてどうぞ

これがあると便利!在宅勤務を快適にする物リスト
在宅勤務(テレワーク)って実際どんな感じ?メリット・デメリットまとめてみました
日本でテレワークが進まない理由
在宅勤務におすすめ 手軽な低糖質ランチまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました