実はドン引きされてる?歯が黄色いのはアメリカではNG!

アメリカ

皆さんは歯の色って気にしたことありますか?

外資系企業に勤めるていると欧米人(特にアメリカ人)と接する機会が多いので、ホワイトニングは気を付けています。
というのも、アメリカでは歯並び、歯のホワイトニングはすごく重要で、タレントさんや俳優さん・女優さんはもちろん、一般の人まですごく気にするからです。

日本ではタレントさんでもホワイトニングをしている方ばかりではないので、アメリカ人が日本のテレビを見ている時に

アメリカ男子
アメリカ男子

あの子顔はとっても可愛いのに、歯が黄色いのが残念だね~

というのを度々聞いたことがあります。
アメリカでは歯を美しく見せる事は、髪の毛を整えたり服にアイロンをかけるのと同じように、エチケットとして当たり前のように浸透しているんですね。
(むしろアメリカで社会的地位の高い人で、ホワイトニングしてない人ってほとんど見たことないです・・・。)

日本だとホワイトニングは、芸能人や美意識の高い一部の人しかやっていないイメージですが、アメリカでは家で簡単にできるホームホワイトニングもとても一般的です。
薬局やスーパーなんかにホームホワイトニングキットが普通に置いてあります。
アメリカのホワイトニングで代表的なブランドは、レンブラント(REMBRANT)、クレスト(Crest)、コルゲート(colgate)あたりでしょうか。

更にホームホワイトニングにもいろいろなタイプがあって以下が一般的です。

一番ホワイトニング効果が高いのはシートタイプかマウスピースタイプですが、装着していると歯がキーーーンとすることがあるので、たまにだけの使用にしています。
ペンシルタイプは、ホワイトニングの時間がない!って時の応急処置的な感じです。歯磨き粉タイプは一瞬で目に見える効果というよりは、日々の紅茶やコーヒー、タバコなどでついてしまうステインを取り除いてくれて、徐々に白くなっていくという感じでしょうか。

最近は日本でもLEDライトでステインを落としたり、いろいろなホワイトニングが一般的になってきましたね。

もしアメリカ人とお仕事をする機会があったり、欧米の友人がいる方は歯のホワイトニングをおススメします。
自分にあったホワイトニングを見つけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました