在宅勤務(テレワーク)って実際どんな感じ?メリット・デメリットまとめてみました

外資系企業・働き方
スポンサーリンク

テレワークって実際どうなの??

新型コロナウイルスやオリンピック混雑緩和対策の影響で、日本でもテレワーク(リモートワーク、在宅ワーク)を推奨する企業が増えていますね。
私も会社が在宅勤務をOKしているため、今月は絶賛引きこもり中です🐌
アメリカやヨーロッパだとかなり前からテレワークが既に普及していますが、実際のところどうなんでしょう?

経営者や管理職の立場からすると、ちゃんと家で働けるの?怠けてない?っていうところが一番不安だと思います。
在宅勤務で働く一般社員からすると、家にいていいのは嬉しいけれど、ダラダラしたり、気が散って効率的に働けないのでは・・・という懸念があるかもしれませんね。

日本でも外資系企業では既にテレワークを導入しているところが多いので、実は私もコロナ騒動前からテレワークをしています。
経験者の立場から言わせてもらうと、私はテレワークに大大大賛成派です。

在宅勤務ができるというだけで生活が全然違うので、もしこの先転職するにしてもテレワークができるところを選ぶと思います。

もちろんメリット・デメリット、個人の性格や職種によっては向き・不向きがもちろんあるので、下記で詳しくご紹介していきますね。

在宅勤務に向き・不向きな職種

店舗で接客したりするような職種、総務、製造業なんかは難しいかもしれません。
一方で、パソコン一台と携帯電話があれば仕事できるよ!という職種の方は在宅勤務でも問題ない場合が多いのではないでしょうか。
会議を開催する場合でも、会議室に集まらなくてもテレビ会議が可能ですし。
管理職になればなるほどテレワークでも事足りるという場合が多いと思います。

在宅勤務のメリット

・満員電車に乗らなくていい
これは日本ではとても大きいメリットなのではないかと思います。特に首都圏勤務の方。
満員電車のストレスって実はすごい影響しているのではと思っています。
座れないし、ギュウギュウだし・・・それだけで体力も気力も消費します。
よく電車の中で喧嘩している人も見かけますし、皆さんイライラしているのでしょうね・・・。
それに満員電車のような人混みを避けることは、感染症対策としても有効です。
コロナ肺炎のみならず、インフルエンザのような感染症も毎年流行しますよね。
満員電車による感染リスクはとても高いです。自分がマスクしていても、あんな人口密度の中でマスクなしでクシャミや咳をされたら終わりですからね・・・。。

・自由時間が増える
勤務地と自宅が離れている人にとっては通勤時間に費やす時間が多く、勤務時間にプラスで自由時間を取られてしまいますよね。
それがなくなるだけで、その分を自分の趣味の時間や自由時間に費やすことができます。
子供と遊ぶ時間が増えたり、送り迎えの時間も取れるので大きなメリットです。

・オフィス維持にかかる費用が減る
これは経営側からの視点ですが、人がいるとそれだけ費用がかかります。
デスク等の設備も人数分用意しなければならず、水道光熱費もかかってしまいますね。
とはいえ、全社員をいきなり完全在宅にするのは難しいと思います。
そんな時は、どうしてもオフィスに残しておかなければいけない部署以外を完全在宅勤務にするという手もありますね。
または、部分的な在宅勤務を導入して、社員の出社日を分けてしまうこともできると思います。
例えばグループAは月水のみオフィス勤務、グループBは火曜木曜のみオフィス勤務など。
そうすれば、社員数に対してオフィスの規模が小さくて済みます。

・交通費が減る
これも企業側のメリットですが、社員を完全在宅勤務にしてしまえば単純に交通費がかかりません。
完全在宅とまではいかなくても、週に3日のみ部分在宅勤務にするとした場合、定期券を購入するより安く済みますよね。
労働者側からすると、定期券が会社のお金で買えなくなるのがデメリットです。
休日に通勤経路の電車をよく利用する方は、プライベートでの交通費が増えてしまうかもしれません。

・ランチ代が節約できる
自炊派の方はお弁当を持っていったりしているかもしれませんが、いつもランチは外食という方はランチ代が毎日地味にかかっていると思います。
在宅勤務だと融通が利くので、お昼休みにちゃちゃっと炒め物を作ったり、野菜たっぷりのサラダランチを作ったりもできますよ!
自分で好きな食事を用意できるのはメリットだなと感じます。

在宅勤務のデメリット

・怠ける
身もふたもないですが、これがやはり一番のデメリットではないでしょうか。
個人の性格によるところが大きいと思いますが、人目がないとどうしてもスマホをいじったり、テレビを見たりしてしまう人は一定層存在します。
パフォーマンスに現れるはずなので、数字で成果が見えやすい職種であれば管理側がすぐ気づくことはできますが、そうでなければ性善説に頼るしかありません・・・。

企業側の対策としては、ITシステムである程度管理することができます。
例えば、Skype for Businessを導入すると、社員のPCのステータスを見ることができます。
一定時間PC操作がないと「退席中」や「非アクティブ」の表示になるので、離席していることがわかりますね。
企業によっては、入社後に一定期間オフィス勤務で様子を見てから、在宅勤務をさせるところもあります。マネジメント側の工夫も必要です。

コミュニケーションがとりづらい
オフィスで働いていると、何かわからないことがあれば隣の人に聞いたり、雑談の中で情報共有したり・・・ということを日常的にしていますよね。
前述のSkype for Businessなど、テレワークに必要なITシステムがあればある程度は解消できますが、どうしてもその場にいるよりコミュニケーションは取りづらくなります。
慣れてしまえば気軽にチャットで聞いたり電話したりできるので、コミュニケーションの方法は工夫する必要があります。
テレワーク向けのITシステムを使えば、自分の画面を相手のPCに映して共有したり、相手にコントロールを渡すことで向こうから遠隔操作できたりもします。

・運動不足になる
今まさに私がそうなのですが、本当に歩かないので体がなまっています・・・。
駅の階段を上るとか、駅まで歩くとかちょっとしたことでも意外と運動になっていたんだなと感じます。
自分でランニングしたり、昼休みに軽くストレッチすれば良いのですが、なかなかやりませんね・・・😅

・仕事場所の確保が難しい
仕事に適したデスクとチェアが自宅になかったり、自宅に幼い子供や家族がいるので集中できない、という人は難しいと思います。
また、ネット環境も大事です。
ネットが入らないような山奥は論外ですが、WiFiを企業で貸し出したりしない場合は、自宅にネット環境があることが在宅勤務の前提です。
ちなみに私はストレスフリーで在宅勤務できる環境がありますが、それでもご近所で工事をしていたりすると音が気になったりします。(特に会議中)

・外見に気を遣わなくなる
カミングアウトしますが、私はたまにパジャマで在宅勤務しています(恥)
アメリカ人の在宅勤務をしている同僚に聞いたら、私も~!といっていたので世界共通のようです。
オフィス用の可愛い洋服を買うのも、女性としては一つの楽しみだったりするのですが、在宅勤務をしているとそんな服を着る場面が減ります・・・。
一応、テレビ会議がある日は上半身が映ってしまうので軽くメイクもして、洋服も綺麗めにしますよ。下半身はパジャマのままだったりしますが・・・(笑)

・寂しい
一人でもくもくと仕事をするのが好きな方であれば、あまり問題ではないのかもしれません。
私は人とかかわるのが好きなので、オフィスの同僚たちに会いたいなあと思うことがあります。
同僚とランチタイムに行ってお喋りを楽しむということもないので、そこがちょっと寂しいですね・・・。
いつでも同僚にチャットで話しかけたり電話したりできるのですが、やはり顔と顔を合わせてのコミュニケーションも大事だと感じます。

まとめ

結局のところ、在宅勤務に適した性格と職種があることは否めないので、全ての人に在宅勤務を推奨できるわけではありません。
在宅勤務をすることで、仕事効率が著しく落ちてしまうようでは本末転倒ですしね。
ただ、日本のGDPが落ちている中、国としても労働力の確保は必要です。
いろんな状況の方がもっとフレキシブルに働けるようになったら、個人だけでなく企業や国としてのメリットがたくさんあるのではないでしょうか。

関連記事:日本でテレワークが進まない理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました